上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Yuki の 『長~~い つきあい』 2008年08月

Yuki の 『長~~い つきあい』



  中山恵美子さんを懐かしんで、、



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ありがとうございました


 『今でも恵美子ファンさん』、ありがとうございます。

遅くなりましたが、何とか根を詰めて、編集し終わりました。

誰かが、待っている、、、その思いで一気に仕上げてしまいました。

いつでもできる、でもきっかけがないとなかなかてを付けられずにいました。

でも先日の『LP』の件できっかけができました。

『LP』の捜索も始めます。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ひとりごと | コメント:0 |

エミ長 ポエム総集編 6


5月26日  57.4/1  「ライター」
  
手のひらに冷たい金のライター

君がこのライターを誕生日にくれてから

もう五年も経った

今まで点きの悪かったこのライター

別れ話が出てから急に点きが良くなった

瞼を閉じて炎を近づけると

五年前の君が見えるよ





5月26日  57.4/2  「こわれもの」

南の島はもう初夏

コバルト色のビーチ白い海岸線

桜色の貝殻を透かして見る太陽が悲しい

うすく今にも壊れそうな貝殻を

『壊れ物』と書いた小包にして

あなたに送ります

壊れそうなふたりの愛を

一緒に包んで、、、




5月26日 57.4/3   「こうしてここで」

八重山諸島は

南の果てに散りばめた宝石の島々

優しい夕陽が沈むと

この地方では『はいむる星』といわれる

南十字星がふたりに話しかける

来年もまた

こうしてここで一緒見上げて欲しいって

あなたの熱い肩が私の肩に触れて

愛が

体の中を駆ける





5月26日 57.7/3   「鳩」
 
暑い日が続いたある昼下がり

庭の芝生に息絶えた鳩が一羽落ちた

庭の隅に埋めた

サルスベリの花を山積みにして手向けた

翌日からつがいであったろう一羽の鳩が

毎日毎日夫を捜すように舞い降りては

悲しげに鳴いていた

何もできない私は

夏を恨んで泣いた



5月26日 57.8/4-3  「グラビアの海」
  
海、、、

海の想い出はたくさんあるけれど

本当は私にとって

海の想い出はひとつ

星明かりのキャンパスを

波を切り裂いていく灯台の光と

素足に冷たい貝殻とさざ波

あなたの愛のひとことが

海という永遠を

一瞬のうちに定着させた

あの夜のグラビアの夜





テーマ: - ジャンル:小説・文学

ポエム | コメント:0 |

エミ長 ポエム総集編 5

  
5月25日  57.2/1  「記録」

サリドマイドで両手を失った女の子の記録をテレビで観た

その子は上手に両足で洗濯をし料理を作った

誰も恨まず

その運命を喜んで背負っている大きさがあった

今まで何かを恨んでいた私の貧しい心が

恥ずかしくて泣いた

それは

優しい涙だった




5月25日  57.2/3  「不安」

ふたりのイニシャルの入ったコースター

去年の秋にお揃いで買ったコースター

私の

『E』のイニシャルのコースターだけなくなってしまった

お酒呑むたび

あなたは淋しそう

ふたりの愛の行方不安な氷雨の夜





5月25日  2/3   「光る場所」

冬の釧路は

空も海も鉛色

遠くに一か所光る場所は

木漏れ日射しているからだろう

病院のベットの上でもよくそんな風景が夢の中に出てきた

その光る場所には誰かがいて何かがあった

それを訪ねて私は

長い旅に出る

   

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ポエム | コメント:0 |

エミ長 ポエム総集編 4


5月21日  56.7/1  「舞台のない踊り」           

あなたの使った灰皿

あなたが水割りを飲んだコップ

あなたが触れた全ての物 私忘れないわ

そしてあなたが

どんなに私を愛してくれたかを

でも私は行かなければいけない

私たちの愛はチューリップのように

実の結ばない 舞台のない踊りだから





5月21日  56.10/1  「腕ずもう」
         

どうしても

あなたの手を握りたくて

『腕相撲しましょう』なんて言って

あなたの手をしっかり握っちゃった

少しでも長くそうしていたくて

一生懸命がんばったの

でもすぐに負けて

手の甲が

コツンと冷たいテーブルに当たって

あなたの温かさと冷たさが

身体の中を駆け抜けた





5月23日  56.10/2  「字」
           

愛という字の周りを

全部外してしまうと

心という字だけが残る

私の

この苦い愛をバラバラにしたくても

心だけは残ってしまう

心に写る想い出だけは

だれも消せはしない




テーマ: - ジャンル:小説・文学

ポエム | コメント:0 |

エミ長 ポエム総集編 3



5月10日  55.9/3   「しずく」

札幌はめずらしく秋の雨

いつもより早く赤い実をつけたナナカマドは

赤い涙のしずくを落とす

それは冷え切った夏のせい

それは冷え切った愛のせい





5月11日  55.10/4  「指定席」

となりの空いた席はあなたが座るはずの席

画面に映るヒーローの後ろ姿が

私から去って行くあなたに見える

やっぱりあなたは来ませんでした

そんな予感がしていたの

この映画は

私の最後の映画になるかもしれません

指定席の券無駄になりました




5月11日  55.10/4-2 「狩人(その優しさゆえに)」

昔 星は狩人だった

獲物を獲り逃した狩人だった

秋の夜空に深く透き通る

あなたの星

私の星

いくら輝いても

その光は重なる事はない

あなたは狩人

私は獲物

永遠に結ばれる事のない

不器用なふたりは星になった






5月11日  55.11/4  「かもめ」


疲れたカモメが一羽

夕日に染まってあてもなく飛んでいる

まるで

疲れた心をぶら下げた私の仲間

沖を行くフェーリーまではとてもたどり着けない

それでも疲れた心は

疲れたつばさに乗って

少しでもあなたのそばで旅を続ける



テーマ: - ジャンル:小説・文学

ポエム | コメント:0 |

エミ長 ポエム総集編2




5月8日  55.6/4  「大通り公園」

少し雨が降ってすぐ止んだ

雲間から太陽が優しい光を落とし

テレビ塔にくっきりとした大きな虹がかかった

色といろの花が咲く札幌大通公園には

春と初夏が一緒にやってくる

見上げるともう虹は消えていて

ちょっと寂しくなって

足元の石ころを小さく蹴った




5月8日  55.6/5  「阿寒湖」

紅葉と見迷うばかりのツツジの花が

水面に影を落とし

今阿寒の湖は長い眠りから覚める

でも私は

深い眠りについているこの湖が好きだ

そして水槽の中のマリモよりも

目には見えない湖底のマリモのほうが好き

私たちの愛のように



5月9日  55.8/2  「夏の蝶」

フルートを片手に

遠くから友達が訪ねてきた

普段はそうは見えないけれど

サルスベリの木陰でフルートを吹くと

彼女は蝶にになる

私が

あなたの胸の中でベルレーヌを口ずさんで

夏の蝶になるように




5月9日  55.9/1  「時間と空間」


涼し過ぎた夏が

心惹かれながら去ろうとしている

だが夏を責める事は出来ない



時間と空間が空しく過ぎるのではなく

人の心が空しく流れるだけで

時間と空間を責める事はできない



桔梗の花が月光の中で一輪

時間と空間を支えている




テーマ: - ジャンル:小説・文学

ポエム | コメント:0 |

エミ長ポエム 総集編 1



以前、『今でも恵美子ファンさん』からポエムのタイトルを送って頂きました。
なんとか照合しました。
遅くなりましたがアップいたします。



 55.5/3  「遅い春」

強い風が吹いて

砂ほこりを撒きながら

花ビラを散らしていく

それらの砂のひとつぶひとつぶに

厳しかった冬が閉じ込められていく

舞い散っては人々に踏まれていく

一輪一輪花に

北国の遅い春が

歌を歌う





55.5/4  「安曇野」

松本から鈍行列車に乗り

安曇野を旅した

この安曇野の春には

各駅停車がふさわしい

朝霧の細道に自転車を走らせると

ミズスマシになったよう

線路沿い碌山美術館の前に

自転車を止めると

思ったより小さく

あくまでも孤独なレンガ造りの建物に

安曇野の風は優しかった



 
55.6/1  「字」

愛という字のまわりの全部外してしまうと

心という字だけが残る

私のこの苦しい愛をばらばらにしたくとも

心だけは残ってしまう

心に写る想い出だけは

だあれも消せはしない





テーマ: - ジャンル:小説・文学

ポエム | コメント:2 |

ポエム S.54.8.16

  今日、このブログのただひとりではあるけれど、
それゆえ、いや本当に心強い『今でも恵美子ファンさん』から、
恵美子さんのポエムを送ってもらいました。
僕が聴いていた頃より一年ほどさかのぼつたものです。
 お楽しみください。
放送からは、恵美子さんの陽気さ、妖艶さ、元気をもらいました。
一風のそよ風が今吹いています、恵美子さん。


  『今でも恵美子ファンさん』ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
  




つかの間の夏に

洞爺湖畔に立てば

霧の香りが胸に沁みて

黒ユリを食えたアイヌの娘たちと

ストイックなアイヌの若者の歌が聴こえる

ひとり小舟を漕ぎ出せば

無限の白いシンフォニーに包まれて

時間が止まる    





テーマ: - ジャンル:小説・文学

ポエム | コメント:0 |

お礼申し上げます

  最近、孝子さんへ『里帰り』していて、このブログもおろそかになっています。
にも拘わらず、毎日全国から、このブログを読んで頂いてありがとうございます。
なにぶん現在は『孝子さん』の事で、手が回らずにいます。
更新は当分できませんが、ブログの金魚や熱帯魚の相手もしてやってください。
本日の訪問、ありがとうございます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ひとりごと | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。